東京白金に投げ圧力潜在

ドル買い先行を経てユーロに買い戻しありの今朝6時NY引けは円最弱となり、103~105円レンジへ一段切りあがり。今晩イエレン議長講演(23時予定)でも流れは変わらずドル買い株高継続と思われる。貴金属はパラジウムが買い直され反発しつつ、一方、白金最弱でTOCOMは買い下がりから買い越し増の取組増、且つ割高相場を形成と、投げ相場の予感ありにて、白金は売りです。金銀も売り。原油はブレントが韓国向け9月成約があり反発、TOCOMのガソリンも売りは無し。CG穀物は下げ継続は変わらずながら、TOCOMは内部要因次第でトウモロコシが高値張り付きとなり膠着へ。ゴムは売り直しタイミング待ちです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事