レーバーデー前に調整入りのコモディティ

FOMC議事録でドル買い先行、株価はSP500は急落後に即、切り返して上昇継続しつつ、上にブレイク。メタルは最強がロジウムでこれは実需メタルで別格的な立ち位置にあり、パラジウムは利食い先行2日目、プラチナも短期ロング解消が先行中でレーバーデー前の調整で期近限月売りの先限月買いが調整が先行。金銀は上がらず失速気味。ブレント原油はリビア原油の輸出再開見込みが圧迫ながら、フランストレーダーが英国原油をスペインへ向けて売り成約、調達が戻りはじめ、反発の目。ゴムは東京が中立化してしまい、動けず。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事