ドル高は低金利継続の伏線

昨夜のNYオープンはメタルは動かず、SP500は続伸で始まる。低インフレと好調な住宅関連の指標で株価は上にブレイク。ポンドもインフレ見通し低下で下落とドル高は傾斜。メタルは最強がロジウムでこれは別格。パラジウムに利食いが入り、プラチナも短期ロング解消が先行中。金銀も上がらず。ブレント原油はリビア原油の輸出再開見込み、欧州域内での製油所メンテナンスいりで需要減退で失速、上がらず。CG穀物はコーンが戻り高値を確認し反落しつつ、中国は大連にプレミアアムが残り輸出増見込みあり、大豆は下落再開。ゴムは地合い軟調変わらずにて売り指向でタイ政府も在庫放出へ。ドル高で緩和継続、低インフレがベースシナリオに。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事