SP500の1940割れなら、全コモディティは一段安

ドル高でコモディティは実需相場を形成し、10年前の相場に戻る。メタルでは最強がロジウムで1475ドルへ、これにパラジウムが追随し、パラジウム実需買い+投機買い。1310越えの買いがなく失速開始の金、追随安の白金、失速の銀。ブレント原油は完全に需給が緩和している。軽質原油を買う夏が終わり失速。ノルウェー原油は2007年来の安値で停滞。CG穀物はコーンが横ばいへ入り大豆が続落続く。ゴムはアジア需給緩和を映して地合い悪化、指標市場のTOCOMのラバーが下がるなら下落しかない。※米国株のセンチメントが不安定になっていて不穏。SP500の1940割れならアウトで、全コモディティは一段安あり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事