103円トライの布石/13日の日本GDPが焦点

ユーロショートの買い戻しが1.34ドル越えで一巡、ストレートにドル高に傾斜していきドル円を押し上げる。米国株はSP500が反発し安定した地合。ドル高株高へと回帰傾向にあり、メタルは金横ばいの銀上がらず、白金失速のパラジウムのみ上昇は実需背景。原油は2015年2月限までブレントがコンタンゴとなってしまい需給緩和が定着し、英国原油の対ブレントプレミアムはマイナス90セントと2010年来の最低水準。年間でも最低水準で調達買い発生せず。今晩のUSDAレポートは大豆ロングのコーンショートのスプレッドの外しがどの程度、出るかに関心ありです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事