来週はドル円100円攻防へ

ウクライナへのロシア侵攻リスク、イラクでのキリスト教徒の脱出、リビア無政府化、そしてエボラの疫災と並ぶ中で、8月のハングリーゴーストで中華圏の投資活動も不活発となるなかで動きを作っているのはNYK時間。金買いに追随して白金が買われつつ、銀そのまま。東京は金買い再開です。原油は2015年1月限までブレントがコンタンゴとなっていて需給緩和が定着し、東京は円高進展もあり重い。ゴムは膠着から抜けられずにて動意待ちながら売り目線で居ます。シカゴ穀物は週明け11日の米農務省実測需給レポート待ちで反発。まずは動くものを追う、金買い目線で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事