FOMCを消化して次は週末の雇用統計が焦点に

ダウ30はSP500に続いて調整下落入り。しかしNASDAQはいまだ堅調を維持していて、基調が下向きに完全に変わるなら、それはNASDAQが鍵を握る。それでも日本株は確りでしょう。貴金属は金銀白金が売りとなり、パラジウムのみ確り。ロジウムとともに調達買いありで下がらず。原油はブレントが失速し上がらずにて東京にも下値リスクが強まる。原油ガソリン買いは円安もあり動けず。CG穀物は再度失速待ち。太平洋を移動する船の運賃の影響80%で上がりましたがそれも一巡かも。ゴムは、東京が上海に追随したことで流れが上向きへと変わってきている。ドル円は102.20円超え(買いシステムが稼動するタイミング)ブレイクで流れはドル買い先行に変化。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事