円キャリー再びは101.60円超えで

ドル円は101.60円の円安転換境目領域に差しかかりつつある。ドル全面高は金銀を圧迫しドル建て主導で下げあり、白金がこれに追随しつつ、高止まりはパラジウム。最弱が金、最強パラジウムの図式。原油は英国、ノルウェー原油に裁定買い余地が発生し下げ止まる。実需100%の価格形成にて上昇トレンドには発展していかないブレント、WTIは米国内でのクッシングからフロリダへの在庫移動を映し、プレミアムがローカルについているだけ、ガソリンの大阪安・札幌高と同じ感覚です。CG穀物は輸出市場は堅調でプレミアム拡大ですが、上げ相場には発展しない。ただし、もう売りも回転せずのタイミングに入る。ゴムは東京かからポジションが回転せず膠着へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事