ユーロ年初来安値割れでドル全面高傾向

ユーロドルが2014年の年間レンジ安値を更新し、ドル一段高へと傾斜中。今朝6時前NY引けでの通貨バランスは、対ドル最弱順にスイス、ユーロ、キウイ、ポンド、円、オージー。ドルインデックスは80.77(0.26%)。この状態では貴金属は上がらず失速傾向で、TOCOMを圧迫している。原油は北海代表油種の割安感が強まっており、ブレント下げ止まりですが、いまだ短期需給は緩和傾向。CG穀物は依然、下向きを維持しつつ、ラマダン明けで南タイでのゴム生産も増加の見込みで、コモディティ全般は調整下落圧力が強まる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事