CME影響力強し/金、白金は上げ一巡

週明けアジア時間は東京15時過ぎに金、白金がGLOBEX上でストップをヒットし、6月からの上げ相場が一巡。パラジウムをのぞきメタルは小康に入ります。原油はブレントが下落しつつ東京は円安が邪魔で売りも回転せず。北米のセンチメントはで普通の夏で気温も高くはならずガスも下落し静か。欧州では軽質原油で北海と競合するリビア原油の流入で需給緩和と失速気味。CG穀物は新穀にスプレッドの買いが入り始め反発傾向ながら、上げ相場に発展するかどうかは微妙なところです。ゴムは東京当限から中限の動きが焦点で、大枠は下向きにて、ドル円はしばし反発し101.80越えをトライ中。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事