週明けはミニマムなドル安と円全面安へ

ポンド続伸しユーロポンド下落の、オージー下落しつつドルは対スイスと円で上昇と、欧州通貨はユーロクロス主軸で展開し、円は全面安的なまま。ダウとの相関トレードが戻り、株高円安となる。メタルは金銀横ばいの白金が利食い先行でここ2日間で東京からは2トンの売りが発生中。それでもパラジウムは最強を維持で売り不可。原油はイラクが最大能力での供給維持しつつ、リビアの2港の輸出回復、ブレントが現物価格ダウンでバックワーデーションが消え、需給緩和。しかし東京は円安もあり売りも効かずで膠着、売りも買いも効かずで、どうともならず。ゴムは213.20越えで買い目線。シカゴ穀物はこのまま下落して行き、停滞あるのみの弱地合い継続、天候リスク懸念はテーマにもならず。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事