PGMは上昇再開

通貨は米国市場の独立記念日の連休入りを控え、ドル安へと傾斜中。すでに流れは主要通貨でストレートにドル安が進行中。貴金属は一段下値切り上げリスクありで、特にPGMは再度の上昇ブレイクとなります。原油はBRENTが英国原油のプレミアムがマイナス70センのディスカウントに落ち込み、買いが消え失速し、目先は軟調地合い。ガソリンとゴムが弱含み。シカゴ穀物はUSDA四半期在庫の発表を経て一段安で下向きでブレイクとなり、供給増を新穀価格に反映する動きへ。イラクはISISの拠点をイラク軍が急襲するなど、軍事行動が活発化し内戦化が進んでいる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事