FOMC後の金価格が40ドル超の急騰となった真相

6月17~18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)から一夜明けた19日のCOMEX金先物相場は、前日比+41.40ドル(+3.3%)の1オンス=1,314.10ドルと急伸地合を形成した。5月22日以来、約1ヶ月ぶりに1,300ドルの大台を回復すると同時に、4月15日以来の高値を更新している。

この金価格の急伸をどのように考えれば良いのだろうか。

急伸相場のきっかけが前日のFOMCであったことは否めない。毎月の資産購入金額を7月から更に100億ドル減額することが決定されたが、量的緩和(QE)の終了後に想定される利上げについて、依然として明確なメッセージを発しないことが、金価格にポジティブな影響を及ぼした可能性が高い。

声明文では「極めて緩和的な金融政策スタンスが引き続き適切」と総括する一方、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長はQE終了と利上げ開始までの時期について明言を避けており、今秋に確実視されるQE終了後も、当面は異例な低金利政策で景気刺激を継続する可能性を意識せざるを得ない状況になっている。

もっとも、これが金価格を40ドル以上も押し上げる値動きを正当化させるような内容だったのかは疑問視している。1,300ドルの節目突破でチャート主導の値動きが相場の勢いを加速させたことを考慮に入れても、株式・債券・為替相場などの動きとは整合性が取れておらず、かなり違和感がある値動きになっている。仮に、FOMC後に米長期金利が急低下し、ドルが急落するような動きが見られたのでれば、金価格の急騰は正当化できる。しかし、米長期金利は6月初めからのボックス圏内で若干低下した程度であり、ドル相場も特に大きく下落している訳ではない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事