イラク緊張を注視、PGMは上昇一巡

南アでの賃金交渉は基本合意となりPGM失速。ひと相場終了。かつての侵攻当事国であった米国ではイラク情勢に関心、欧州も同じく。イラク危機への懸念もあり、低VIXからSP500がダウンサイドブレイク、ダウ、ナスダックとも売りとなり、ドル安にストレートに傾斜し、金銀反発。原油はブレント、WTITとも上にブレイクし、東京も買いに傾斜中。株安/ドル安/ユーロニュートラル/オージー確り/円最強/GOLD高へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事