金とパラジウムの価格差逆転も

2日連続でロンドンで白金に売りがあり弱い。パラジウムも今朝保合へ回帰し、メタル全般は金銀主導で下落リスクが強まる。ドル建てではいずれ金とパラジウムの価格逆転があるかも知れない。メタルズフォーカスは2016年の白金需給の地上在庫が消えていく中でのタイト化を予測。ただ、目先はパラジウムがアウトパフォームし、調達リスクが残る中、1000ドルの辺りで金とパラジウムの価格差逆転もありうるのでは。金は永遠に貴金属のままですが、パラジウムは素材系のストラテジックなメタルとなって行くでしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事