ゴム週刊情報

◆ファンダメンタルズ
【産地】主要セントラルマーケットにおける集荷量は一日当たり60~120トン台。週末現在、原料は63.72バーツ、オファーは6月積217.00セント(円換算約231.10円)で取引されている。
【在庫】全国生ゴム営業倉庫在庫は5月29日現在、前旬比634トン増の22514トン。入庫量1557トンに対し出庫量は923トン。
【納会】当限5月限は26日に納会を迎え、受け渡し枚数270枚。納会値段194.4円(1.0円高)。

◆展開予想
 東京ゴムはレンジ内で揉み合いながらも次第に下値を試す展開。週初は上海ゴムが指定倉庫の在庫減少を手掛かりに堅調となったことを受け、東京ゴムも208.8円まで上昇した。しかし週中から週末にかけて上海ゴムの反落、円高進行、さらには世界ゴム協議会がタイの軍事政権によるゴム在庫の放出はないと発言したことにより次第に軟調地合となり、大台の200円を下抜けたことにより手じまい売りが加速、一時197.4円まで下落した。週末現在は198円台で推移している。
 罫線は依然三角保合い内での動きとなっているが、週初に上抜けに失敗したこと、また支持線の196.7円に接近していることから下抜けを視野に捉えた展開となっている。また、一目均衡表の転換線と基準線がデッドクロスを形成しているところからも売り優勢の地合いが見て取れる。
 鞘は先週とほぼ変わらず、当先の鞘は順ザヤ10-12円での推移となっている。国内の在庫事情を考えると順ザヤが更に拡大する可能性もある。

ゴムチャート

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事