金・白金の価格差が200ドル突破、正常な価格バランスへの回帰続く

金価格と白金価格のスプレッド(価格差)が急激に拡大している。ドル建てベースだと、3月14日時点の1オンス=90.60ドルをボトムに、直近の5月28日時点では203.40ドルに達している。過去10週間半で、金価格と白金の価格差は2倍強に膨れ上がった計算になる。

この数値だけを見てみると、南アフリカのプラチナ鉱山ストライキで白金価格が急伸していることが、金・白金スプレッドの拡大を促したと「誤解」され易い。しかし、詳細に価格差拡大の動きを分解すると、「白金価格が、金価格との比較で相対的に下げ渋っていること」が、同スプレッド拡大の真相であるのは明らかである。

具体的な数値でみてみよう。3月14~5月28日の間の金価格は1,379.00ドルから1,259.30ドルまで、119.70ドルの急落となっている。一方、同期間の白金価格は1,469.60ドルから1,462.70ドルまで6.90ドルの下げ幅に留まっており、両価格ともに価格変動のベクトルは「下向き」である。ただ、金価格が急落する中でも白金価格が安値拒否の動きを見せていることが、両価格差の拡大を促している訳だ。

20140529_1

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事