金は6月クラッシュを意識-ドル買いが本流

ドル買いが本流でユーロ失速開始。ドル円はふわっと円安で戻ってくるNY引け。6月5日ECB総裁会見が焦点。メタルは金銀が下落開始、テクニカル無用の下げにて6月の一段安を想定。PGMはパラジウム筆頭に高止まりつつ白金は下がらず動かず。それでも金リンクで売りが発生しやすい。原油はブレントが110ドルで需給緩和気味で、欧州でのガスオイルが上がらず、かつ英国原油の積み出しポイントのメンテナンスで成約は減退気味でここからは動けず状態かも。CG穀物はコーンに売り一巡気配無しにて続落維持、東京も売り継続で買いは無し。大豆も7月限のショートカバー一巡で失速、まずは下値テストが先行。※金の買い固執だけは再考が要ると思われる。上がらずにて1200ドル割れの6月でもあたり前の地合い。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事