ドル建て金価格が動かない意味、動けない意味

5月の米株式相場は改めて過去最高値を更新する展開になるも、ドル建て金価格は1オンス=1,300ドルの節目を挟んで膠着気味の相場展開を強いられている。1~3月期の米経済成長率は前期比+0.1%と辛うじてプラス成長を維持するレベルに留まったが、4月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で再び景気が上向いているとの楽観的な評価が下されたこともあり、投資家のリスク選好性は高いレベルを維持している。

「Sell in May(5月に売れ)」の相場格言もあって瞬間的な下げ圧力に怯える場面も見られたが、総じて良好な企業業績環境、マクロ経済見通しを背景に、本稿執筆時点では本格的なリスクオフの動きは回避できる可能性が高くなっている。シカゴのボラティリティ指数(恐怖指数)も、2月上旬にはウクライナの地政学的リスクを背景に一時21.48ポイントまで上昇していたが、足元では12ポイント前後まで低下し、今年の最低値を更新している。

通常であれば、こうした強気の相場環境において、金価格は下落するというのが教科書的な解説になる。「安全資産」である金市場に投機資金を滞留・退避させておく必要性が低下する中、株式市場を筆頭とした「リスク資産」での積極運用が志向される傾向にあるためだ。

しかし、実際の金相場は1オンス=1,300ドルの節目を挟んでの膠着状態となっており、上にも下にも動けない不安定な相場展開を強いられている。

20140526_1

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事