高まるPMIへの関心

昨日決定会合で仕掛け的なドル売り円買いあり。しっかり戻って売り直しの流れが出来ており投機的な地合い。今日はPMIの日で、中国、ドイツが重要です。円安ピークのアジアを経てクロス円主体で欧州入りで円高へ傾斜もあり得るかと思われる。さて、メタルはパラジウム最強、白金も確りですが、金銀が失速傾向。仮にドル円100円割れなら2014年底値形成へ向かうでしょう、目先は売りのいずれは買い目線へ。原油がWTIの期近の買い戻し圧力が強く、2008年以前の、あの昔の地合いが戻りつつあり、ブレント上昇にて東京も慎重に買い目線へ。CG穀物は大豆中立のコーンは下向き。ゴムは大きな流れは下向き。産地ではエルニーニョの影響も言われていますが、まずは売り目線を維持します。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事