中国は金価格をコントロールしている ~Gold Seekのサイトから

Gold Seekというサイトに、2014年4月29日付けで
「中国は金価格をコントロールしている」という記事がありましたので、ご参考までに翻訳してみました。
 
 中国金市場についてのワールドゴールドカウンシルが発行した最新の卓越したレポート(※内容は、株式会社 コモディティー インテリジェンス発行の4月21日号週刊ゴールドの記事:または、ワールドゴールドカウンシルのサイトをご覧ください)に付け加えて、もう一つの中国の金市場に関するレポートがある。このレポートの結論はワールドゴールドカウンシルのものと異なっている。しかし、中国市場が不透明な市場であるという点や、アクセス可能なデータが少ないことを考慮すれば、これは驚くに当たらない。金価格の将来について非常に異なった見方をしているので、どちらの見解が正しいかは結論するのは難しい。

 中国は世界の主要な金市場であるばかりでなく、金市場をコントロールしているという点において二つのレポートは一致している。昨年非常に多くの金を中国は手に入れた。また将来においても引き続き大きな金の需要を持つだろう。そして、中国は金の価格と市場を効果的にコントロールしている。彼らは非常に巧妙に立ち回っていることは疑いない。

 あなたは、それならなぜ金価格は2000ドル以上にずっと高くならないのかと尋ねるかもしれない。それは中国が価格を押し上げることなく金を購入する方法を見つけたからである。

 上海金取引所で売買される数量と、中国国内の金生産量を信じるなら、中国政府及び中国国内金需要家が昨年吸収した金の量は、世界の金鉱山による新たな産金量よりちょうど400トンだけ少ない量である。米国から金のETFとして売却された800トン、及び、Goldman Sachs とJ.P. Morgan Chase 及びその顧客が2013年に売却した金地金400トンを含む投資家の金売却量である。

 昨年米国から売却された1280トンはもう戻ってこないと思われる。2014年は違った年になるだろう。供給量は、4000トンを少し超える程度に戻るだろう。金価格が現状の水準を保つなら、需要はシュリンクするかもしれない。もちろんインドが金の輸入制限を緩和するなら、需要は500トンほど増えるかもしれない。だが供給は現状の価格では伸びないだろう。

 もしワールドゴールドカウンシルの中国が輸入した金の量が1132トンであるということが正しいなら、今年の金価格は、もっと高くなるに違いない。なぜなら米国からの供給が途絶えるからだ。もし上海金取引所で受け渡される数量を正しいとしたなら金価格は現状水準を保つことはできず、金価格は2014年に分岐点を迎えるだろう。

 中国人は抜け目のない買い手である。中国中央銀行が金を購入したというレポートは無い。なぜなら中国人民銀行が金を直接購入することはないからだ。中国人民銀行が金の購入が、国益に沿うと判断した場合、金の購入には代理店が使われる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事