金はリクイディティが薄く急落リスク残存

株価は反転上昇へ。イースター接近で短期メタルロング解消。金銀は下向き、PGMは白金失速のパラジウムが確り。金はロンドン市場のフォワードレートがバックワーデ-ションを継続中。メタルの需給タイト化と、中国国内在庫に因果関係ありとすれば、ここからの金価格1100ドル割れの背景を中国が作ってしまった可能性がある。日々、買い戻しが入りやすいものの、上値では絶対的に買いが消え、どすんと下がる。上がらずの2014年相場はまず、1280ドル割れを意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事