CGコーンは旧穀5月限、新穀12月限とも上にブレイク

貴金属では白金が1410~1430ドルで保合回帰ながら、金に重さが残り、目先は1260ドルの下値確認が先行。TOCOMは株価連動で円安傾向へと回帰中。白金はドル建てでは横ばいとしても、換算値上昇で水準が切り上がる。原油はWTI、BRENTともに現水準を維持しつつ、これもTOCOMは円安で確り。そして、シカゴ穀物はコーンが旧穀5月限、新穀12月限とも上にブレイクし、TOCOMも追随高へと地合いが変化中。また、大豆も5月限買い/12月限売りのブルスプレッド先行で地合いは確りです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事