貴金属は失速傾向にてTOCOMは売りスタンス

オージー続伸が終わればメジャー通貨はユーロ主導でのドル高へ。ユーロ円が上がらず円高圧力がかかる。ドル円の節目は101.70、101.20です。PGMは白金は南アでは再度、新興労組が要求を会社側に呈示、交渉再開余地ありですが失速気味。原油はロシア産原油の黒海、バルト海からの4月供給増と設備メンテナンスに入る欧州の需給緩和から上がれず。CG穀物は大豆が四半期在庫を見て上にブレイクしそうですが、TOCOMが追随するかどうか。ゴムは逆ザヤマーケットの強みはありながらも失速気味。中国国内価格はディスカウントと需給緩和の模様。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事