ウクライナ情勢はロシアの勝ちで決まり

ウクライナ情勢は戦略的にはロシアの勝ちで決まり。欧州が主導しつつの妥協が必要で、リスク発信源はG7側にあり。メタルは失速傾向にてTOCOMは売り。ドル高円高へと傾斜中。オージーは続伸ながらメジャー通貨がドル安にいかず。PGMは白金は南アでの交渉再開余地ありだが、買えず。パラジウムはもう動かず、ロシアの制裁は論外。原油はロシア産原油の黒海、バルト海からの4月供給増(22%増)もあり、北海原油の競争力が減退、欧州需給緩和にて上がらず。CG穀物は輸出需要は南米へシフト。ゴムは逆ザヤマーケットに強みありですが、円高を警戒で。米銀ストレステストでリスク発信はやはり米国から。ドル円は101.20節目攻防経て円全面高余地あり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事