金の上海プレミアムはヘビー・ディスカウントに

クリミア情勢は住民投票が平穏に実施されたことが制裁発動よりも重視され金は一旦、調整入り。1369ドルを戻り抵抗に1341ドルまで押し形成余地ありでしょうか。さて、このところ、上海の対ロンドンプレミアムが5ドルほどのヘビー・ディスカウントが続いています。テクカルにはGLOBEX経由のコメックス買い/上海売りポジションが外された感じですが、ここからは、人民元の2%への変動幅拡大も影響してくるのではないかと。アジア時間の金の価格形成にどのような変化が起きるのか、興味深く見ています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事