中国リスク浮上と金価格1380ドルコース

目先は中国リスクです。深せん上海株価指数CSI300に注目。米系メディアはチャイナクライシスをトピックでとりあげている。エマージングではトルコ中銀が保有金を1月に削減。ウクライナではクレムリンが姿勢を硬化しつつ、次ぎはクリミア半島に焦点があてられている。この時代の地政学リスクあり。貴金属は金最強にて1380ドルコース、ついで銀が最強です。南アでは今日、団体労使交渉の予定。原油はブレントが横ばい入り、実需買い停滞で上がらず。中は円高で上がらず。CG穀物は大豆主体で下値切り上げ傾向ながらも、中は円高のバランス。ビットコインリスクはまだ大きなものにはなっていませんが、リアルマネーが消失したなら、逆資産効果に。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事