金価格は1376ドルコールが買われ始める

ウクライナ政変を経て次ぎのリスクポイントはベネズエラ、中国へ。中国では一部銀行が不動産融資に制限、今朝の最強は金で、オプション市場では1カ月もので1376ドルコールのボラティリティが上昇中だ。金銀の動きにつれてPGMも追随開始となっている。南アでのストはいずれ収集がつきそうだ、このまま買いを維持。原油はブレントが横ばい傾向ながらも、中は円安で買いの目線を維持。CG穀物は大豆主体で下値切り上げ傾向。ウクライナはコーンで世界3番手、小麦で6番手の輸出国ながら、通常の輸出ビジネスが進行中の模様。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事