2014年の金市場は、地政学リスクが焦点に

2014年は国際政治がリスク要因だが、ウクライナ情勢は欧州の地政学バランスを変化させ、続いてチベット、ベネズエラなどで統治バランスに影響を及ぼすような政情不安が発生する可能性もある。目先はウクライナ情勢の進展で株式市場に短期資金が還流しつつ、リスクマネーの源泉としてドル安円安へ傾斜して行き、コモディティは貴金属を主体に上昇圧力を受けることが見込まれる。国内サイドは102.50円越えで円安傾向へと回帰する中で、4340~4300円を下値に買いスタンスを維持。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事