東京市場トリプル安と金買い

目先はドル円発のドル高圧迫を警戒です。目先は貴金属の短期ロング解消が発生する可能性があり、一旦押し調整入りもありでしょう。1月貿易収支は過去最大の赤字となり、いずれ日本株安、円安と債券安に傾斜して行くこともあるでしょう。経済活動を背景とした良性のインフレ圧力ではなく、構造的な悪性インフレ圧力を受けつつある日本経済。ここから、金関連投資への関心と、金買いがいずれ焦点になってくると思われます。特殊なインフレ要因が潜在しているのは日本だけです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事