FOMCを経て朝7時までの動きが重要

きっかけひとつでポジションカバー。ドル円はトルコ利上げで追加買いがあり103.10円越えで買いとなる。明日朝のFOMCアナウンスを経て東京朝7時のNY引けまでの動きが重要。株高円安が続くとして、2月はG3(日米欧)の株高・ポンド高・円安月間になるかも知れない。目先は安値売り込みポジションは撤収ありきのTOCOMです。さて、CG穀物は米国産コーンに輸出競争力が戻り始めている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事