目先のリスクポジションは白金ショート、石油製品ロング

メタルは金銀が短期反発再開ながらも中立的、PGMはパラジウム先頭に確りで売りは出来ません。次第に、金が350~500ドルにいた頃のような昔の相場に戻っていて小規模の上げ下げの出現回数が増えるかも、の2014年です。まずはメタル全体は上向き。且つ、原油は地合い悪化傾向にて、特にWTIが重い。BRENTも実需買いが消えており失速気味、短期需給は余剰へと傾斜中。目先のリスクポジションは、白金売りの石油製品買い。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事