金ETFの減少に歯止めかからず、

金ETFの減少が歯止めがかからず、資金の流出が続いている。SPDR金ETF(NY)は、QE1の導入後2009年2月に初めて1000トンを超え、昨年末に1350.82トンあったのが、17日現在816.82トンまで激減しています。なんと534トンもの減少で約4割喪失したことになります。WGCの4半期報告でも1-9月の金ETF需要は約700トン減少で1度も4半期ベースでプラスになってません。金市場から、投機資金の引き揚げが1年間続いてる状況である。NY金価格のチャートとSPDR金ETF残高推移を重ねてみると同じように右腰砕けが続いているのがわかると思います。(グラフ参照)直近はややNY金価格の方が下げ渋ってる感じがするが、資金がどんどん出て行く市場に買い目はなく、来年は1000ドル割れてもおかしくはないような気がします。

etf1

etf2

tousi

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事