今晩雇用統計後のリアクションはポジション撤収が主体

数字がどうあれ、ポジション撤収が主体と思われる。緩和からの離脱は既定路線で貴金属は金を主体に売り回転あり、値動き優先のロボットシステムが稼動中と思われる。値動き優先とすれば、ニュースやら材料は無視され、為替との相関も落ちていきます。12月の一段安ありきの構図は変わらずで当面は買いフロー無く、今晩から週明けは1200ドル、1180ドル割れを意識で。雇用統計後もポジション撤退が中心となり、ユーロ買い戻しの円買い戻しの株安へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事