ドル円ボラティリティは上昇へて反落気味-目先、円高余地

ドル円ボラティリティ(1Week)は6.00%割れから8.5634%まで上昇した後、下落気配だ。ストライクプライス102.50円で止められているが、9.00~10.50%で一旦、円プットを買い切る傾向があるようだ。下は6.60%以下からの反発で順張り的に円プット買いニーズが戻ることが伺える。目先jは102.50の防戦で円高気配あり。TOCOMも円高調整を意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事