東京ガソリンとゴムは円キャリー影響甚大、買い先行で

上海市場は19500元の戻り抵抗を確認中。TOCOMは260円超えで突如、ボラティリティが発生しつつ上昇持続を試す。先週の100.60円超えを経て円キャリー再開中。定時定量の円売りがあるようだ。実需のドル買いであろう。なおクロス円でキャリーの対象通貨はユーロ円とポンド円でキャリー再開中。オージー円は脱落している。TOCOMはガソリンとゴムは円キャリー影響甚大にて買い先行で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事