ジョンソン・マッセイ報告の要諦(プラチナ版)

英ジョンソン・マッセイ(JM)社が11月12日に「Platinum 2013 Interim Review」を公表した。

同レポートでは、2013年のプラチナ需給バランスについて60.5万オンスの供給不足としており、南アフリカの生産が壊滅的な被害を受けた昨年の34.0万オンスよりも供給超過幅が拡大する見通しが示されている。

総生産は前年比+9.0万オンスの574.0万オンスが見込まれており、若干の回復はするものの11年の648.5万オンスは依然として大きく下回る状態になっている。南アフリカでは労働争議の発生件数こと抑制されていることで、既存鉱区の生産は回復基調にある。ただ、経営環境の悪化などで鉱区閉鎖の動きが活発化する中、従来の生産環境に復帰するのは難しい状況にあるとの分析になる。

一方、総需要は前年比+39.0万オンスの842.0万オンスが見込まれており、過去最高を更新することになる。

自動車触媒需要は、パラジウムに排ガス触媒用市場を奪われたが、昨年に在庫調整が進んでいたガラスやエレクトロニクス部門からの引き合いが回復したと報告されている。また、南アフリカで新規に立ち上げられた上場投資信託(ETF)に機関投資家の需要急増が報告されており、総需要拡大の80%が投資需要に依存する構図になっている。

全体としては、生産環境の改善が遅れる一方、需要が投資・工業部門を中心に堅調であり、スクラップ供給が前年比+3.5万オンスの207.5万オンスとなったことを計算に入れても、「需要に見合った供給量を確保できていない」との結果になる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事