原油、穀物に反発の目

株価は上昇傾向を維持しつつ個別商品で強弱を分かれる。貴金属はドル高圧力を受けて重さが残る。原油はブレント期近ロールオーバーが14日と買い戻しが先行で、北海でシェルの調達買いが戻り反発。そしてCG穀物は中西部集荷地でがはプレミアムは軟化となる一方で、輸出市場ではガルフのプレミアムが上昇傾向と需給相場期入りの反発となりました。中は地味に円安ということで、原油、穀物、ゴムは売りが回転しにくい地合いへ変化。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事