7日引けNY時間の動きが、感謝祭までの流れを決定か

ユーロは低インフレと成長減速から、今晩22時30分のNYオープンでの総裁会見で、緩和スタンスへどこまで傾斜するかどうかが焦点となる。昨日からポンド、オージー、円クロスでユーロ買いとなり、アジア時間では東京昼過ぎに、ユーロの大規模買いでユーロ円から反発し、ドル円も下値を切り上げた。今晩から明日の動きが、ドル安円安なら、明日の雇用統計前に小休止しても、今晩の流れを踏襲しての週末か。今晩から早朝の動きが、11月感謝祭までのひと相場を形成も。今晩が実質週末に近い。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事