11月は米国株安/ドル高円高/コモディティ安

来年3月の米国緩和縮小タイミングは、既に3月から1月へ、そして早ければ年内スタートもありとの見方に、そのコンセンサスが前倒しされている。メディアによる関係者からの市場予測調査が、市場コンセンサスを不安定に日々動かしているのだ。
11月は感謝祭を前にポジション撤収が主体となるケースが多い。米国株の下落と、ユーロロングの解消と円ショートの解消の軸線上で、コモディティ安という流れか。それでもこの調整を終えた後は、買い目線に戻る必要がある。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事