10月FOMCリアクション想定/緩和継続期待の反動を警戒

FOMCアナウンスは31日朝3時だが、緩和継続期待が先行している中で、そこから5時30分まで株価急騰があるのか、それとも反落があるのか。金=GOLDは株価とは逆相関となるはずだが、同時下落の正相関となるケースもありうる。足元、緩和縮小開始時期は2014年6月からとの見方も出ている。この期待の軸線でSP500が高値を更新しているのだが、仮にFedの景況感に、緩和長期化期待を後退させる文言があるなら、警戒がいる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事