金価格が約1ヶ月ぶりの高値圏へ ~そのロジックと今後の展望~

内外の金価格が再び地合を引き締めている。COMEX金先物相場は、10月15日安値の1オンス=1,251.00ドルをボトムに、25日終値では1,352.50ドルまで、2週間で累計100ドルを超える反発となっている。東京商品取引所(TOCOM)の円建て金先物価格も、1グラム=4,250円前後と約1ヶ月ぶりの高値を更新しており、9月から10月上旬にかけての全面安の流れが巻き戻されている。

金価格反発の原動力となっているのは、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和が長期化するとの期待感・警戒感である。

従来、バーナンキFRB議長は「年内の債券購入縮小」、「来年半ばの債券購入停止」というスケジュールをマーケットに提示し、金価格もこうした見通しを織り込む形で価格水準を切り下げてきた。米金融政策が正常化に向かうのであれば、ペーパー通貨に対する代替性が評価されてきた金価格が高値を維持する必要性は乏しくなるためだ。少なくとも、他資産価格を上回るようなパフォーマンスは要求されないことになり、逆に今年のコモディティ市況安を先導する役割を果たしてきた。

しかし、米連邦債務上限を巡る一連の混乱を受けて、この見通しが修整を迫られていることが、金価格の反発を促している。現在の市場コンセンサスは、少なくとも来年3月までは量的緩和政策の規模縮小(=テーパリング)は困難との見方に傾いており、12月米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策変更を見込んで金相場を売り込んできた投機筋が、損益確定のための買い戻しを迫られている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事