今晩の雇用統計経てTOCOMのメタルは買い目線で

明日朝はユーロ高円安の目あり。明朝4時から6時は、特に株価との相関を重視する必要がある。SP500は上昇傾向を維持しており、TOCOMのメタルはユーロ高(ドル安=外のコモディティしっかり、もしくは上昇)+円安を買うスタンスだ。雇用統計では一旦、ユーロドルの短期ロングの利食いありだが、サンクスギビングまで、EM(新興市場)への資本再還流が戻るに伴い、コモディティは、米国への対外資本還流再開による明るいドル安を背景に、短期上昇ラリー再開もありうる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事