アルゴリズム系のモデルプレイヤー衰退中

米連邦債務上限引き上げが決定され、ここからは2014年2月7日が債務上限引き上げの次ぎの節目的デッドラインとなる。ここからは米国政治がリスク要因となってくる。また、確実に第4四半期の成長減速から、事前予見的に12月FOMCでは債券購入枠縮小が2014年に先送りされるなか、ドル安のもとでの金と白金の上昇が見込まれる。さて、このところ為替市場も含め、アルゴリズム系のモデルプレイヤーのポジションを潰しに行こうという取引が、見られるようになった。MT4タイプのシステム取引に限界が見えているところに、ランダムに動くアンチトレンドなコモディティの側面が、強く見え始めている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事