金はミニショック的な有事の買いが発生

1350ドル越えで上にブレイクした。14日NY時間午後1320ドル割れの安値を経て1325ドル越えで切り返し反転。1350ドル越えで1360ドル越えをトライした。米国SP500株価指数の下落に伴うドル安に起因する「ミニショック的な有事の買い」が発生中。先行して銀が上昇しており貴金属への関心が戻りつつある。エジプト情勢は直接のリスク要因ではないが、このまま収拾策無くエンドレスとなる可能性あり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事