勤労感謝の日とサンクスギビングデーの接近にはらむ注意点

毎年11月23日はハッピーマンデー制度による成人の日などと異なり、曜日を問わず日本は「勤労感謝の日」としてマーケットが休場となる。

一方、米国のサンクスギビングデーは毎年11月の最終木曜と決まっている。

昨年2010年は、勤労感謝の日が月曜日、サンクスギビングデーが木曜日と、2つの祝日は離れた関係だったことにより、勤労感謝の日の後の東京のコモディティ市場の値動きは、前の晩に取引が行われた海外市場の値動きとその間の為替を映した比較的素直な値動きとなった。

しかし今年2011年、勤労感謝の日とサンクスギビングデーの関係は、勤労感謝の日(水曜日)、サンクスギビングデー(木曜日)と隣り合った関係であることから、東京市場は昨年と異なった値動きとなる可能性がある。

NY市場が休場となり取引が停止する24日(木)の午前7時15分(日本時間)。その1時間45分後の午前9時に東京市場は勤労感謝の日明けで取引が再開する。

東京市場が閉まっていた間に海外市場で何がおきるのか?どのような状態で祝日明けの東京市場が始まるのか?

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事