GOLDは1300ドルの下値テストが先行

ここからは、①1300~1325ドルのレンジに移行。もしくは、②1300割れで下落再開の2シナリオ。終値での1270ドル割れで下へのブレイクアウトを追認できる。TOCOMはドル建て価格の上昇を映しての下値切り上げ傾向が終わり、円安背景の買い回転効かずの領域に入る。やはり、8月1日早朝が最大焦点となり、上げ加速も反落も両サイド可能性あり。サマーバカンスシーズンとあって閑散にて、プライスが跳ぶリスクあり。通貨はオージー、ポンド、円では既に昨夜からドル高へと傾斜中。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事