短期反発場面を迎えた内外金価格

7月雇用統計を経て金利上昇を織り込み、短期資金フローが株式市場へ回帰中だ。それでも、バーナンキ議長講演での緩和は必要との発言を受けて反発したように、市場は短期ショートに傾いており、自律反発で買い戻しが入りやすい。既に市場のバランスは売りが先行しているため、続落は回避される。国内サイドは4000円を下値に反発が見込まれる。今の金価格は売り一辺倒ではない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事