NY金相場は、いずれ1000ドル割れへ。

これまでドル建て金は米国のQuantitative Easing(量的緩和策)の恩恵をもっとも受けた銘柄かもしれない。2008年11月のQE導入でおおおよそ700ドルが1200ドルへ上昇。2010年10月のQE2で1500ドルまで上昇、その後の欧州債務懸念の高まりで史上最高値1911ドルまで値を飛ばしました。ユーロ安で調整後もQE3導入で戻り高値1794ドルをつけ、米国出口戦略の匂いが漂い始め下げ始めました。そして今月のFOMCでバーナンキFRB議長が明確にQE終了への道筋を示唆したことから、安値追いとなっており今後もダウントレンドが続きそうだ。
同様に金ETFの減少も歯止めがかからず、流出が続いている。(グラフ参照)SPDR金ETF(NY)は、QE1の導入後2009年2月に初めて1000トンを超えたが、昨年末に1300トンあったのが現在は1000トン割れまで減少している。金市場から、投機資金の引き揚げが続いてる状況である。元の木阿弥でいずれで1000ドルを割れることとなろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事