GOLDのWボトム認識条件

コメックスではNYからの上値追い発生は無くショートカバーのみで、上げは持続せず。ここから、NY終値での1350以下での引けなら、下値リスクは最大へ向かう。SPが失速し米国市場にも不透明感が強まり、ドル高且つ円高モードの実質週明け火曜夜の展開を意識。足元は1380ドル越えで中立化しており、1400~1410ドルの戻り高値を確認へ。4月と5月安値がWボトムとして認識されるのは、1487.20ドル越えのタイミングのみ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事